住宅ローン審査落ちた理由は病気?

住宅ローンの審査に落ちた理由のひとつ「抑うつ」があげられます。
抑うつとは気分が落ち込んで活動を嫌がっている状態で、医師による治療を受けたり治療中だったりすると団体信用生命保険(通称:団信)の加入が断られてしまうようです。
特に抑うつの場合、団信が懸念するリスクが「自殺」だそうです。
又、うつ以外の要因として、多くの大手銀行では「過去3年間に2週間以上の投薬治療がある人や手術を受けた人も団信は加入できない」と説明しています。
しかし、民間の金融機関の住宅ローンは団信の加入を義務づけているので、団信に加入できないと言うことは融資を受ける条件を満たしていないということになってしまいます。
このような人は団信の加入を義務づけられていない「フラット35」を検討してみることをお勧めします。
フラット35は審査に通りやすい?甘い住宅ローン!【おすすめ銀行は?】